相談中

若い人

サラリーマン

タクシー会社は何を仕事として行っているのかと言うと、それはタクシーに乗ってくる人をどこかに連れていく事だ。それは近い距離であってもかなり遠い距離でも変わらないのであり、絶対に送り届けている。そこで工夫する事で得られるメリットについては、出来るだけ早く目的地まで客を乗せていくと言う事となっている。これは一見簡単そうに見せるのだが、なるべく近道をしていかなければならないので意外と難しいとされている。しかし何十年もタクシー会社に勤めている人は経験と勘で近道が分かったりするのである。このような事が実際に出来るまでは何十年もタクシー会社で働かなければならないが、きっと自分たちが困った時に助けてくれる物となる。

そして現在の取り組みやトレンドについては、タクシー会社に就職する人を何とかして増やそうとする事だ。これは何故かと言うと、最近では若い人が全くタクシー会社に就職しようと考えている人がいないからある。しかしこのままの状態が続けば。タクシー会社の存続がかなり厳しくなってしまうので何かの対策をする必要が出てくる。そこで実際にどういう事をしたのかは出来るだけ若い人に興味や関心を持ってもらおうとビラを配るようにした。この事で若い人の目に止まるのではないかとタクシー会社の人は考えたのであり、多くの場所で配る活動を行った。その結果としては若い人が何人か実際に集まったので効果が有ったと言う事が出来るので、今後もやっていく予定だ。