相談中

募集を受けよう

エリート

建設業界では施工管理者が不足している

建設業界は稀に見る超繁忙状態が続いています。施工管理者の不足が顕著になっており、求人しても間に合わない状況です。建設業界は長く続いたデフレ経済の影響で業績の低迷が続いており、建設技術者のリストラが行われたため現在の超繁忙状況に対応出来る技術者の数が不足しています。ゼネコン各社は施工管理者の確保のために新規に求人を数ると同時にOBに対しても施工管理の業務に携わることを念頭に雇用機会を提言しています。施工管理の仕事は資格保有をしていなければ出来ませんので、単に求人しても能力のある人が集まる保証がありません。その点OBの採用であれば実力を把握しているので即戦力として工事現場で活躍してもらうことが出来ます。

今後も引き続きこの状況は続く

現在の施工管理者の不足は一過性ではなく、東京オリンピック・パラリンピックの施設が完成する2020年までは継続するものと予想されています。今後も一定の工事規模の現場には公的資格を所有している施工管理者が常駐する必要がありますいので工事を請け負ったゼネコンは必要な要員を確保しなければなりません。そのためゼネコン各社は求人活動を強化しているわけですが、お互いに人員の引っ張り合いをしている状況です。何らかの抜本的な対策を立てなければ建設業界全体が今般の工事量の増加に耐えられないということになってしまいます。新卒採用を増やしていますがその効果が見えるのは資格取得が出来るようになる時間が必要です。海外からの技術者の導入についても検討する時期に来ていると思われます。